浮気調査の費用と相場とは?料金削減のコツを徹底解説

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼すると、当然ですが料金が必要になります。しかし、探偵事務所や興信所の相場はほとんど知られていません。なぜなら、料金について一律に決められているわけではなく、各探偵事務所で別々の料金設定を定めているからです。

浮気調査を検討している方や離婚の話し合いでプロの集めた浮気、不倫の証拠を使いたいという方に、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼するとどれくらいの料金が必要になるかをお話しします。

浮気、不倫の証拠集めをするならやはりプロにお願いしたいと考える人は決して少なくないはずです。しかし現実的な話、費用面から二の足を踏む妻も多いのです。料金だけでなく、どうすれば費用削減を図れるのかについても合わせてお話しします。

■料金の内訳は「基本料金」「必要経費」「成功報酬」

まず、探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼した場合の料金の内訳について知っていただきましょう。

料金には「基本料金」「必要経費」「成功報酬」があります。

基本料は浮気調査を依頼した時点で、調査の成否に関わらず支払わなければならないお金です。必要経費は、探偵事務所や興信所の職員が使う機材や車両代などの実費になります。遠方に泊まりがけということになれば、もちろん宿泊費用や交通費などもこの必要経費になります。成功報酬は、見事に不倫の証拠を掴んだ場合、つまり成功した時に限って発生するお金です。基本的に失敗したら請求はありません。

この三つのお金の合計が探偵事務所や興信所に支払う料金になります。基本的な事項ですので、まずはこの料金の内訳を覚えておきましょう。
浮気調査の料金には「基本料金」「必要経費」「成功報酬」があります

■浮気調査の料金相場とは

皆さんは探偵事務所や興信所に浮気調査をしてもらった場合にどれくらいの費用を見ればいいのかすぐに答えることができるでしょうか。もちろんケースごとに費用相場は違ってきます。ですが、「大体このくらい」ということは、これから浮気調査を検討している妻にとって重要事項に違いありません。

離婚に向けて不倫の証拠を集めたいと考えていたとしても、どれくらいの請求がくるのかわかっていなければお金を貯めることも難しくなります。不倫の証拠を掴んで離婚を検討している妻にとってみれば、探偵事務所や興信所への支払い費用目安によって離婚時期をずらすことも考えなければいけません。それだけの重要事です。

探偵事務所や興信所に数日間(一日6から7時間の浮気調査)を依頼した場合の相場は30万円以上といわれます。どれだけの人員で調査をするか、機材はどんなものを使うか、車は何台使うか等によってさらに高額になると考えておく必要があります。人員と機材をたっぷり使う場合は、僅か数日間の調査で100万円を越えることもあります。手頃な金額なら探偵事務所や興信所に浮気調査をお願いしようと考えて相談する妻は、大体この料金の目安を聞いて「高い!」「浮気調査依頼は難しい!」とびっくりします。確かに気軽に不倫調査を依頼できる額ではありません。

数日でこの額ですから、一カ月間毎日調査をすると考えると、気の遠くなるような額が必要になるという結果です。例えば二日で料金30万円という料金だったとします。そうすると、十日間で150万円、一カ月で450万円になります。調査期間が長引けばもっと必要になります。

料金は探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼したいという妻にとっては大きな負担です。旦那の不倫を掴んでも、自分が破産していては意味がありません。この料金を安くする方法はないのでしょうか。

■浮気調査の料金を節約するコツは?

最初の方で料金の内訳は「基本料」「必要経費」「成功報酬」だという話をしました。この中でどれが削りやすいかというところを考えてみましょう。

ざっと見て、最も削りやすいと思うのは必要経費ではないでしょうか。実はこの必要経費、探偵事務所の料金のポイントになる部分なのです。

例えば調査中の探偵が昼食を食べたとします。昼食は豪華なステーキでした。探偵はこの昼食代を必要経費としてクライアントに請求しました。この事例、皆さんはどう思いますか?「探偵がもっと安いものを食べればいいのではないか」と思うでしょうか。それとも「昼食も必要経費でクライアントに請求が来るの?」とびっくりするでしょうか。

探偵事務所がどこからどこまでを必要経費として請求するかは探偵事務所によって異なります。「必要経費はどこからどこまでですか」というところを確認しておかないと、悪徳な探偵事務所は何でも必要経費として計上してしまうことがあるのです。ポイントの一つとしては「①必要経費の範囲を確認しておくこと」が料金を安く抑えるためには重要です。

他には「②情報をある程度掴んでおく」ことと「③調査日や期間を指定する」ことによって料金削減を図ることができます。

事前に旦那がどこで不倫をしているかを妻が掴んでおくと、探偵は調査がしやすくなります。無駄足を踏む確率も低くなります。妻が浮気調査のヒントになる「どこで誰とどの時間帯に不倫しているのか」を掴んでおくと探偵の調査時間が少なくなりますので、その分だけ料金の削減に繋がります。

また、探偵事務所や興信所に対して浮気調査を行う日付や期間を指定しておきましょう。そうすることによって何カ月も浮気調査が延びる可能性が少なくなるため、料金を低く抑えることに繋がります。

■まとめ

探偵事務所や興信所の費用を考える上では「必要経費に着目すること」と「妻の情報提供」が重要になります。

料金の中でも境界線があやふやである必要経費のラインを明確にし、探偵が無駄足を踏まないように可能な限り情報提供を行えば、その分だけ料金削減に繋がるというだけです。料金体系だけでなく、こうした料金削減のコツも覚えておきたい知識です。

探偵事務所へ浮気調査を依頼した場合の料金は大きく「基本料金」「必要経費」「成功報酬」にわけることができます。この3つの費用の合計が料金になります。その相場は〇〇万円!浮気調査が長引けばそれだけ料金が多く必要になります。料金を節約するコツは「必要経費に着目すること」と「情報をある程度掴んでおき探偵に情報提供する」ことです。

最近の投稿

夫の浮気を浮気調査 LINKS

夫の浮気を浮気調査 – 浮気調査探偵興信所(探偵事務所)